(一眼レフ)カメラメーカー特徴を比較してみた

マーケティング
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レンズ交換式一眼カメラ(APS-Cとフルサイズセンサー)に関して初心者向けのお話。

一眼カメラは大きく分けて2種類ありまして一眼レフとミラーレス一眼があります。その違いの話は今度しますが、今日は一眼レフ(光学ファインダーがついてるカメラ)のお話。

実は一眼レフを作っている主要メーカーは3つしかないんです。Canon、Nikon、PENTAXです。

ちなみに、ソニーやオリンパス、パナソニックが作っている一眼カメラはミラーレス一眼になります(光学ファインダーがついていない代わりに小型軽量)。

一眼“レフ”カメラを作っているメーカーのカメラ特徴を自分なりに主観でまとめまてみます。

Canon(キヤノン)

キャノンって発音しますけど、キヤノンが正式みたいですよ。

プロが使っているカメラで5Dシリーズが有名です。世界最軽量のフルサイズセンサー搭載のEOS 6Dや世界最軽量のAPS-C一眼レフEOS Kiss X7も人気。

Kissシリーズが安く手に入るので初心者におすすめとされておりますね。ダブルズームキット使ってる方をよく見ます。

APS-Cセンサーはニコンやペンタックスより一回り小さいのでちょっとだけ望遠に写ります。あと、イメージセンサーは自社製で技術がちょっと遅れているってウワサをちらほら聞きます。まぁ……気にするほどの違いではないと思いますが。

APS-C用のレンズの見分け方はEF-Sです。フルサイズのカメラにはAPS-C用レンズはつかないのでご注意です。交換レンズの種類が豊富です。

一眼レフのマウントはキヤノンEFマウント。APS-Cミラーレス一眼はEF-Mマウント。

Nikon(ニコン)

グリップのところに赤いラインがピッと入っているのがNikon。フラッシュ部分のデザインも特徴的ですね。

D5000シリーズはコンパクトで軽量です。Dfのデザイン、個人的に好きです。

センサーサイズはFXフォーマット(フルサイズセンサー)かDXフォーマット(APS-Cセンサー)で見分けます。

一眼レフのマウントはニコンFマウント。1型ミラーレス一眼はニコン1マウント

PENTAX(ペンタックス)

フォトライダーの一押しです。

素晴らしいことにボディ内手ぶれ補正と防塵防滴、見やすい大きなファインダーがどのグレードでも標準搭載されています。あとは、CanonとNikonと比べると、高性能な割にボディが小さめです。

旅やツーリングのために作ってくれたんじゃないか!!って思う、そんなカメラを作っているメーカー。CanonとNikonが赤なところを、緑色のイメージカラーっていうのも好きです。

レンズの種類が少ないーとかオートフォーカスが遅いって思われているようですが……私の旅用途では間に合ってるので気にしたことありません。それよりもボディ内手ぶれ補正と防塵防滴ボディ、おっきいファインダー助かります!!

一眼レフのマウントはペンタックスKマウント、ミラーレス一眼はペンタックスQマウント。

初めて買うときの注意

メーカーごとにマウントの形が違うので、例えばキヤノンのカメラにニコンのレンズは付きません。

初めて買う人にはダブルズームキットもおすすめしません。安くて軽いという魅力はありますが、おそらく望遠の出番は殆ど無いです。なので高倍率ズームが付いているものを個人的にはおすすめしたいと思ってます。

初めての一台におすすめのカメラは型落ちでお手頃価格なPENTAX K-S2の高倍率ズームキット(18-135mm)です。防塵防滴・ボディ内手ぶれ補正、バリアングル液晶、Wi-Fiなどなど全てついていてCanonやNikonより安いです。

まとめ

カメラは基本的に新しければ新しいほど画質が良いです。メーカーによる画質の違いはありますが無視して構わないほどの小さな違いです。シャッター音が好き!見た目が好き!などで選ぶと幸せになれるでしょう。

コメント

  1. […] 一眼レフのカメラメーカーについてはこちらの記事をご参考にして下さい。 […]

タイトルとURLをコピーしました