時間が足りなくなってきたら、やらないことを決めるのって大事

マーケティング

やりたいことって無限に増殖していくんですよね。

子供の頃ってあれもやりたい。これもやりたい。やれることがどんどん増えてきて嬉しい。できることが増えるのって良いことだと思ってた。

けど、おとなになってできることややりたいことが多すぎるのもいろいろ中途半端になって良くないことがわかってきた。悩んでいるのも楽しい。

でも、大きな結果を出したいのであれば、自分の独自性と専門性を突き詰めるのが王道。

頭がぐちゃぐちゃしてきたので、まとめていきましょう。

最近の私の興味関心

  • YouTubeに動画をいっぱいアップロードしたいし
  • バイクで日本中を旅したいし
  • いっぱい世の中のためになるデザインしたいし
  • 新しいガジェットにもっと触れていたいし
  • スキルをもっと磨きたいし
  • デザインだけじゃなくてコピーライティングなどの文章もうまく書けるようになりたいし
  • しゃべりが上手くなって多くの人を楽しんでもらえたら素敵だなと考えてたり

色々あります。

1つのやりたいことに対して、いろんなやるべきことが発生してくる

例えばデザインをやろうと思った時に、Photoshopの勉強し始めます。

どうやらベクターデータを扱うにはイラストレーターが必要らしい、イラストレーターを勉強し始める。

イラストレーターを勉強し始めると、パスを知ってないといけないし、パスファインダーを使いこなせないといけないし。

Webで公開するのであればHTMLとCSSの知識が必要で、その前にサーバーの知識も……

なんて、一つ始めようとすると色んなことが見えてきて、色々やる必要が出てくる。

結果、時間が足りなくなる

時間は無限ではないので、やること絞らないといけないですね。。

これ以外やらない

やることを絞るのが一番良さそうですね。

例えば、Googleだったら「世界中の情報をいつでも使える状態にする」とか、Appleだったら「宇宙に衝撃を与える」とか、、。

言葉にできると、やっていることが脱線しそうになってもすぐ戻ってこれると思います。

コンセプト大事。

タイトルとURLをコピーしました