Webサービス開発に使える技術まとめ2020

仕事術

個人の趣味レベルで、Webサービスをかんたんに作れる時代が来ました。

具体的にどんな技術を組み合わせて作るのがおすすめなのか、選択肢と選んだ理由も添えてまとめましたので、ご参考になれば幸いです。

クライアントサイド

React

効率的にHTMLをかけます。
Vueというのも人気。
RubyやPHPなどを使ってサーバーサイドでHTMLをレンダリングするというのも良いのですが、シングルページアプリケーション的な動きにしたかったのでJavaScriptベースで検討しました。

material-ui

CSSをガリガリ書かなくてもそれっぽい見た目を実現できます。
BootStrapが有名。洗練されていて使い勝手がよさそうのでこちらをチョイス。

React-rooter

ページの遷移に使います。
Raactを使うならセットで使うことが多いと思います。

React-Redux

データがぐちゃぐちゃにならないために使う。
一旦使わずに開発をはじめて必要性を感じてからの導入でもいいかも。

サーバーサイド

Express

こちらは導入検討中。
PHPのLaravelが気になる。

MongoDB

定番のMySQLと迷ったけど、手軽さ重視でMongoDB。
FireBaseやAWSもちょっと気になる。

便利系

COLOR TOOL

Color Tool - Material Design
Create and share color palettes for your UI, and measure the accessibility of any color combination.

まとめ

その年その年で、流行は変わるので、できるだけインターネット上に情報が多くて安定しているものを使いたい。

ES2015以降の技術を積極時に取り入れるほうがいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
仕事術
uwagakiをフォローする
UWAGAKI
タイトルとURLをコピーしました