ペンタックスK-1を使っていて思うフルサイズ一覧レフの魅力

マーケティング

いつかはフルサイズ! ペンタックスからでた待望のフルサイズ。私はK-5そろそろ買い換えたいなと思っているときの出来事でした。でた瞬間は興味なかったのですが、K-3IIの後継機がなかなかでなくてK-70を買おうと思ってお店に行ったらK-1を。。

結論、買って良かったです。魅力を語ります。

PENTAX K1はフルサイズにしては小型軽量

PENTAX K1は機能全部盛り

私が旅先で欲しい機能全部ついてます。K-70にしなかった一番の理由はGPS。あと、最終的にはK-5ユーザーからするとボタンがちょっと足りなかったり、シャッター音などのフィーリングが……なんて。PENTAX K-1のお気に入り機能をご紹介します。

GPS

基本的に撮った写真はインスタで写真で投稿するのですが、GPSがついているので位置情報を拾ってこれるので、投稿に便利。あと、どこ行ったのか? どこで撮ったのか? を、後で見返すことができるという面でもかなり安心感があります。ExifにGPSのついていると、撮った後も楽しめます。

可動液晶(フレキシブルチルト液晶)

これ大事。光学ファインダーだけだとどうしても辛い体勢になる時があります。K-5の買い換えを考えたのも、ここが大きいです。はじめにK-70が気になったのも高速ライブビューがあるからです。ローアングルハイアングルを多用したいのでフレキシブルチルト液晶はついていて正解。

暗い場所でも吸い付くオートフォーカス

K-5を使っているときにあった不満が解消されてます。薄暗いところでオートフォーカスってあいづらいですよね? K-1ならあいます! オートフォーカスの輝度範囲がEV-3〜EV18(ISO100、常温)。EV-3は結構頼もしいです。あまり見ないで買ってしまう部分なのですが、ここ重要です。

防塵防滴

ペンタックスでは標準機能、安心して使うのに必要。レンズも防塵防滴の物をつけないと本来の性能を発揮しないのですが、ペンタックスの一眼レフ全機種搭載されていてこだわりを感じます。防塵防滴加工が施されていると、日常使いでも入ってしまう小さなほこりやチリも入りにくい気がします。

大きなファインダー

フルサイズにして良かったなーと思う部分。でかくて見やすい、撮っていて楽しい

フルサイズの高画質

コンデジで撮っても対して変わらない場面もあれば、圧倒的な差がでる場面もあります。全体を通して安定した高画質で撮れるのはフルサイズの魅力。写りが柔らかくて色のりが良いです。

フルサイズ良いよ! 皆もどう?

K-1は現在、ペンタックスの一番良いカメラなので、これで良い写真が撮れなかったら完全に自分のせいです。フルサイズ一眼レフを手にすることで逃げ道をなくすことで写真への意欲がわいてきます。

写真をとことん極めたい人、フルサイズ一眼はおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました