オリンパスを使っていて思うマイクロフォーサーズのミラーレス一眼カメラの魅力

マーケティング

私が初めて買った一眼は、オリンパスのミラーレス一眼のE-P3。当時、ミラーレス一眼がブームでした。ポケットに入る!!って、まぁ、がんばれば入るけど大きかったですね。

今日は私のオリンパスのミラーレス一眼カメラの愛を語ります。

マイクロフォーサーズはおしゃれで高性能なボディが多い

私が現在使っているのはPEN LITE E-PL6PEN Fもカッコいいですよね!PEN Fは露出のダイヤルがついていて、レンジファインダー風の電子ビューファインダーが着いていたりと、かなり高機能。一番興味があるのが静音シャッター(電子シャッター)。シャッター音が気になる場面って結構ありますからね。撮影シーンが広がりそうです。

本当はOM-D E-M5 mk2が欲しいんですけど、買うのはもうちょっと先になりそう。E-M10 mk2でもE-M1 mk2でもなくE-M5 mk2に魅力を感じるのはバランス。E-M10 mk2の小型軽量は魅力ですが防塵防滴が着いてない。。E-M1は単純に高いのと、サイズと重量がちょっと大きい。私は小型軽量を目的に所有しているので、すべてが叶う小型軽量のE-M5 mk2が気になってます。防塵防滴が良いですよね。雨の中傘を差しながらスナップを撮ることもあるのですが、やっぱり防塵防滴じゃないカメラで撮ると心配ですし、外で使うことが多いので防塵も助かります。

PEN LITE E-PL8もちょっと気になってますが、静音シャッターが着いていない模様。。つかないかなぁ。

マイクロフォーサーズマウントのレンズ選択肢が魅力

私はメインでペンタックスフルサイズ一眼を使っていますが、レンズの選択肢が少ないです。マイクロフォーサーズは結構豊富です。魚眼のボディキャップレンズが結構好きで、OLYMPUS TG-4にワイド紺バーターをつけたのと同じぐらいの画角なのにコンパクトに扱えます。

9-18mm超広角レンズも素敵です。超広角レンズって一番前にでているレンズが魚眼レンズのように出っ張っていてフィルターがつけられない物が多いのですが、これはつきます。保護フィルターをつけておくと安心して外で使える。

レンズが小型で軽量

ここかなり重要ですね。ミラーレス一眼、他社からもでてますがマイクロフォーサーズはボディだけでなくレンズも小型軽量です。単焦点レンズを3本ぐらい持ち歩いてもかなり軽いです。パンケーキレンズならレンズをつけた状態でもパーカーのポケットに入るので、さっと撮影できてスナップに便利。コンデジとは違う一眼画質なのに小型軽量は正義。

ボディー内手ぶれ補正が強力

当たり前ですが、マイクロフォーサーズはフルサイズ一眼と比べると高感度撮影に弱いです。薄暗い場面で手持ち撮影する際にこの強力なボディー内手ぶれ補正は失敗を減らしてくれます。ペンタックスを愛用している理由の一つでもあるのですがボディー内手ぶれ補正ってどんなレンズをつけても手ぶれ補正が効くので、レンズを買うときに悩まないですむのも嬉しいです。

スナップなら光学ファインダーって無くても大丈夫かもしれない

ミラーレス一眼なので光学ファインダーはもちろんついていません。私は旅でスナップを撮ることが多いのですが、ローアングルハイアングルを多用するので、チルト液晶が大変便利。ファインダーがないと困る場面に、ものすごい明るい場所で見づらいとか、液晶が光っていると困る暗い場面ですとか、いろいろありそうですが、意外と間に合ってます。

当たり前だけどライブビューのオートフォーカスが速い

ペンタックスK-5を以前使っていたのですが、光学ファインダー搭載の一眼レフのライブビューオートフォーカスは遅い。ミラーレス一眼なら爆速ですね。

タッチパネルでオートフォーカスが便利

オートフォーカスをどこにあわせるか、画面を見ながらできるので便利。スマホのカメラしか使ったことがない人が初めて一眼カメラを買うのにも良さそうです。

まとめ

小型軽量で、ライブビューがタッチ搭載で便利。画質も良い。フルサイズ一眼レフを持っている私にとって最高のサブ一眼カメラです。

タイトルとURLをコピーしました