写真を楽しむために心がけていることと楽しみ方

マーケティング

写真を撮る理由ってなんでしょう?

私の場合は、「楽しむ」ため。写真を楽しみながら生きていきたいと考えてます。楽しいことを全力でやっていきたい。

このブログも、写真を楽しむための一つの手段だと考えていて、スキルアップや知識のストックなどに役立てようと思ってます。私が得たスキルや知識のストックをまた別の誰かが役に立ててくれたら嬉しいです。

うまい人の写真を見るのは楽しい

人の作品を見るのはかなり良い刺激になります。私は主にインスタグラムなどの写真投稿サービスや、ブロガーさんの記事を見たりして楽しんでます。こういう人みたいな写真を撮りたいなーとか、ここいってみたい
って思うことがよくあるので、写真でやりたいことがつきませんね。

関連記事:
写真投稿サービスまとめ
写真ブログまとめ
写真素材サイトまとめ

自分の写真がうまくなるのも楽しい

うまくなるには正しいやり方で正しい努力をする必要があると思ってて、知識をたくさん仕入れてます。知識を入れて、実践して行く。繰り返していくうちに良い写真が撮れるようになっている実感があります。その都度その都度、自分なりに良いと思う写真を撮って仕上げているつもりではいますけど、後から見返したときにもっとこうできたのに……と思いますね。成長してるんですかね。写真を通して自分の中で前向きな変化が生まれ続けているというのはとても楽しいです。

単純に、写真を撮ること事態が楽しい

イメージ通りの写真が撮れたときは嬉しいですね。

どうやって撮ったら良い作品になるんだろうとか、この被写体をかっこよく撮りたい!とか、想像力を膨らませるのも楽しい。絞りをいくつにして、シャッタースピードは?ISOは?というのをダイヤルで操ってシャッターを切る。画面で確認して、イマイチだったらもう一回撮る。納得行くまで撮る。……楽しいですね。

写真をあまり撮らない人と出かけるときはあまり撮影に時間を割けないのでさっと撮りますけど、じっくり撮るのってめちゃめちゃ楽しいです。写真仲間とでかけると、じっくり撮影できるので、最高に楽しめますね。あと当然といえば当然ですが、同じ場所で撮ってるのに、撮る人によってぜんぜん違う写真になるんですよ。まずねらう被写体も違ってきますし、同じ被写体でもカメラの設定や切り取り方で仕上がりが変わってくる。何を魅せたいかっていう部分が人それぞれ違うのが楽しい。

自分の写真が人に喜んでもらえるのも嬉しい

私は、写真を継続的に楽しむ上でここが一番重だと感じてます。インスタグラムに投稿したときに「わぁ!すごいっ」「きれい!」「いってみたい!」「撮り方がカッコいい!」などなど、コメントを頂くとすっごく嬉しいです。写真って人をちょっと明るい気持ちにしますね。SNSに限らず、プライベートでも写真を撮って、アルバムにして魅せてあげたり、写真はコミュニケーションツールとしてかなり良い役割を果たしてくれます。

まとめ

観て、上達して、撮って、喜ばれて、写真は楽しい。

楽しみながら人を幸せにできるかもしれない写真って、素敵な趣味だと思ってます。

エンジョイ、フォトライフ!

タイトルとURLをコピーしました